単身赴任先で不用品回収を依頼

サラリーマンにつきものなのが転勤です。転勤時に子供が中高生だと、不用品回収に料金や相場が神戸ではどんなにも学校の関係でどうしても単身赴任とならざるを得ません。私もこうした理由で単身赴任をした経験があります。別に生活の拠点を設けるのですから、一通りの家具や家電も揃える必要があります。しかし、数年を経て帰任となると、せっかく揃えた家具家電も不用となってしまいます。テレビは各部屋にあっても問題ないので持ち帰れますが、大型の家具家電となると持ち帰っても置き場所もなく、処分せざるを得ません。その最たるものとして、私の場合は整理タンスと冷蔵庫と洗濯機を処分する必要に迫られました。引越し荷物を少しでも減らし、引っ越し費用を抑えるために、不用な小物品も含め、単身赴任先での処分を考えました。もちろん、利用した事がある様な回収業者さんもないので、ネットで調べて比較的近くのリサイクル業者さんが不用品回収も行っている事を知り、そこに引越し前日に回収してもらいました。洗濯機は自宅から古いものを単身赴任先に持参したものですが、冷蔵庫と整理タンスは現地で新たに購入したものでした。不用品を回収に来られた業者さんは、冷蔵庫と整理タンスはリサイクルショップで販売できるからと、不用品回収料金からわずかですが、差し引いてもらえました。指定した日時に搬出してもらえ、しかも思いがけず一部を買取として値引きしてもらえて大いに助かりました。